投稿

新しく更新した投稿記事です

【日常】遠方の地方で親や祖父母を持つ心配

例えばですが、高校や大学を卒業して、いざ上京して数年。最低でも年に一度くらいは帰省していたものの、昨今のようなコロナ禍のような状況になるなど、ほんの一年前とか、誰が予想していたでしょう。特に持病をお持ちのご両親や、介護が必要な祖父母をお持ちの方であれば、なおさら帰郷できない方も多いのではないのでしょうか。
実際に都市部から帰省できても、帰省先の家族の通院やリハビリが濃厚接触者となってしまうためできなくなったり、その反面お願いしている実家近隣の親戚や介護ヘルパーさんへの負担も限界に来ていて、その狭間でお悩みの方も現実に多いと聞きます。
また雇用の状況も悪化して、なかなか再就職も難しい中で、上記のようなお悩みを抱える方もいるでしょう。自身の人生が大変なのに、親や祖父母も大変な状況…でも、絶対に自身を追い詰めるようなことは止めて下さい。今は下を向いて考えなければならないようなことでも、何か些細なきっかけで光がさすことがあります。人間に解決できないことはない…とまでは言いませんが、明けない夜は決してないのですから。
今は人に迷惑をかけていても、目先で仕事が難しい状況でも、時間は動き続け、いつかきっと自身の納得できる状況が来ると思ってみてください。
これは私自身にも言えることですが、追い詰めて精神的に参ってしまっては元も子もありません。必ず何かしらの手段はあり、それは時間が解決してくれるかもしれません。待つだけなのは辛い方も中にはいるかもしれませんが、それも人の人生だと考えて、ぜひ何かしらの好転材料としていただける方が一人でもいていただければ幸いです。
#人生#両親#祖父母

【精神疾患】予兆を正しく知る

精神疾患は現代病としても一昔前より多くの人に認知されてきましたが、現状でも多くの方々が休職や精神障害者認定を受けている方々が増えている側面もあります。では、実際に少しでも精神疾患を防ぐための手だては何かあるのでしょうか。私の経験からすると、予兆を正しく、そしていち早く知ることなのだと思っています。
私の場合も含めて多くの場合は、体調不良で通勤できない、頭痛や腹痛で動けない…など、これらが心療内科への通院や、病欠や休職のきっかけになると思われます。ですが同時に、この状態は既に精神疾患に罹患していることも意味します。既に精神的な疲弊に加え、身体的な症状までも表面化してしまっているからです。
どうすれば自衛できるのか、よく時間外労働などのストレスを避けるなどの一例が言われていますが、残業の少ない職場でも発症する人はいます。残業なしを唱っている会社でも、明らかに定時内で終わらない業務量だったり、常に緊張を強いられる職場環境で、誰とも話せないような働き方ではこれも大きなストレスとなります。実はこのような点がまずは知っていただきたい予兆のポイントです。このような状態が続くと、知らずのうちに苦手意識が生まれ、さらにこれが続くと気力が徐々になくなってきます。私はこのような状態になったあと、なぜだか日々、焦燥感のような状態が出てきてしまい、不眠へと繋がっていきました。
私はこのようになってからのメンタルクリニックへの通院となってしまいましたが、これからその可能性がありそうな方はぜひ上記のポイントでの気づきを注意していただければと思います。通院後は色々と対処法も知ることができ、自分でこのように考えていこうと思うことはできますが、私の場合は上司の対人関係もあり、会社へ上司のこういった点を改善していただきたいと訴え、実際に人としての接し方は改善されたものの、仕事に対しての丸投げの姿勢は変わらなかったため、休職 → 退職に至りました。
私は精神疾患への気づきも遅く、自分で環境を変えていこうと動いた部分はありましたが、一番変わらなくてはならないのは、自分ではなく、周りなのだと思います。周りの環境や接し方が柔軟であれば、気づきも早く、休職してもすぐの復帰ができたのかもしれません。もしかしたら、身体的な症状が出る前に気づいて、長きに渡る通院も避けられる結果もあったのかもしれません。どう思っても過去は変…

【過去】大きなプロジェクトほど、煙たがられて嫌われる勇気を

例えばですが、よく企業の勉強会や説明会での場面で、成功したプロジェクトの事例の話などを聞く機会があると思います。あくまで私見ですが、私はこれを鵜呑みには聞かないことが多いです。ひねくれていると言えばそれまでですが、プロジェクトの成功の裏では、同時に煙たがられるような人が寄与している場合が多いからです。当然ながらこのような人は話す場に登壇することは、あまりありません。
話は変わりますが、私もかつて会社人時代にその企業の一大プロジェクトといわれるようなものに末端ながら関わった経験があります。当初は社内会議などで楽観的な見通しのよい意見しか出ず、外部パートナーとの打合せなどでもよい雰囲気で明るい兆しのあるプロジェクトでした。いわゆる最初の仕様やスケジュール感が出てくる最初のフェーズで中心メンバーにとある中途の新入社員がプロジェクトに加わりました。まず彼はこのままの仕様では無謀だとダメ出しを、そしてスケジュールもデバッグや検証の時間が甘すぎるとして、社内からプロジェクトの立て直しを図りました。聞けば、当然すぎる見落としや、計画性の甘さがあったのは事実ですが、プロジェクトの雰囲気は一変、時には彼と上司や同僚との意見の対立で激しく白熱していたときもありました。末端の私でも彼の意見は正しいと思ったことも多々ありましたが、企業文化という点では彼は敵を作りかねない状況にもなってきていました。プロジェクトのフェーズが進むにしたがって、彼と外部パートナーの折衝も、要求を満たす or 満たさない、でかなり厳しい当たりもあったようでした。結果的にですが、私は彼の指摘や意見なくしてプロジェクトの成功はなかったと思っています。新たな目線で見ることや、なるほどと思える指摘もたくさんありましたし…でも、社内での対立した遺恨は結果的に最後まで解消されず、彼は引き続き評価されたとは言い難い身の振りで働き続けることになります。
大きいプロジェクトほど、そして大きい企業文化ほど、恐らく彼のような人間像はまだまだ評価されないのが現実なのですかね…確かに彼はプロジェクト成功のために今まで社内ではなかった目線で粗を探し出し、社内で対立してまで、そして外部パートナーにも厳しい要求を続けてプロジェクトの方針を転換しました。ある意味プロフェッショナルだと思います。でも中にはこのケースのように、企業文化を大事にする方々に…

【過去】日本はまだ転職が許せない社会なのか?

私は恥ずかしながらも、就職氷河期と言われる世代に入ってしまった者です。会社員時代は少なくとも私より上の世代は、ひとつの会社で働き続けていくことを美徳としていた方々が少なからずいました。終身雇用や年功序列の給与体系があった時代には、もしかしたらこれは正しいことだったのかもしれません。しかし、現在ではこういった企業は少数派でしょう。現に私が社会人となった頃も、自身に会わない会社と思っても3~5年は続けるべきとの話も聞いたことがあります。
しかし、今となっては能力や経験を重視した中途採用市場で、企業の採用担当も即戦力を求める場面が多く見られます。ですが現実、採用当初よりも数ヵ月で給与が落ち込んでいくという方の話も聞いたことがあります。採用時の能力や経験が良くても、いざその企業に就業してみると環境がまるで異なり、結果を出せずに生活がままならない収入となってしまっている…企業側も求職者側も頭を悩ます問題があるそうなのです。無論、環境が変わっても能力を発揮して結果を着実に出していく人もいるでしょう。
では、これらの人の差は何なのでしょうか?1つはその企業の教育の側面があると思います。誰しも、新たな職場では少なからず慣れるまでの時間を要するでしょう。環境が変わっても上司や部下や同僚、要はその企業の先輩から手解きの中で自身の能力を発揮していけるのがひとつの理想だと思います。しかし、皆が自身の結果を出すための目標だけに走り、新人の上司、部下へ目をかけられるという場面が一昔前よりも少なくなったのではないでしょうか?
もう1つは、日本の成果主義というものが過渡期になっているのではないかという危惧です。最近の会社員には大手を降って残業などを露骨に嫌がる人も出てきていると聞きます。今の上の世代の方々には考えられないという方もいるのではないでしょうか?経済が発展しているときであれば、残業をしてでも成果を出せば、報酬として自身に返ってくる…という形でしたが、今では必ずしもそうではありません。会社や仕事に時間を取られるくらいなら、これをソコソコにして、自身にとって有意義な時間を過ごしたいという価値観が変わるのは当然と言えば当然なのでしょうが…
昨今ではコロナ禍で転職を余儀なくされる方も多いと聞きます。今回は、私の仕事の関係上、企業の採用担当の方々から聞いた話が主ですが、これは「対岸の火事」では済まない…

【日常】「仕事をください」本音は言ってはいけないのか

私自身にも言えることなのですが、このご時世「仕事をください」という本音はあります。しかしながら、仕事を依頼する側の意見を聞くと、こういう本音を言う人間は敬遠したくなるとも聞きます。
近代までの日本人は本音を言わないことが美徳、みたいな雰囲気が確かにあったように思います。 痛かろうが辛かろうが、本音を圧し殺す。 全然大丈夫じゃないのに、人には大丈夫と言う…みたいなことです。 要は、集団の中で吐出した意見を出さずに、いい人を演じて押し黙る人が評価されてきたから、このようなことがあったのだと思います。
でも考えてみてください。 本音を言わないと言うことは、事態があなぬ方向へ進む場合も、更には悪い事態へ進んでしまう場合もあるのです。
話は少しそれてしまいましたが、仕事に関しても、やりたい仕事に手を揚げたとき、仕事は上の人間が割り振るものだから、あなたに直接割り振ることはできない、となってしまった場合、せっかく「仕事をください」と手を上げてもその人はチャンスを失うことになってしまいます。 そしてその人の評価も、組織にたてつく人間…となりかねないのです。
どうやら日本人は前例のないことを嫌い、変化を嫌います。 上記の関連で言うと、企業の人事評価も欧米並みなものかというと、そうではないのが現状。 一部、年功序列的なものが残っていたりもする会社もまだまだ多いのではないでしょうか。 昨今話題のテレワークにしても、なかなか企業は実施しようとせず、このコロナ禍に迫られて動いた会社も多い気がします。
最近でこそ、本音が通用する社会や、それによる助けの輪が広がりつつあるのかもしれませんが、正直、建前や集団の中での日本人と言った部分では、まだまだ民度の低い部分があるのだとも思います。
「仕事をください」は決して勇気のある発言でもなく、前のめりの卑しい発言でもないのです。 企業の担当者の方へ、一考してみてはいかがでしょうか?
#仕事をください #テレワーク #コロナ禍

【日常】後遺症によるケアの現状

イメージ
このようなことを書くのは今は適切ではないのかも知れませんが…昨今によるコロナ禍で罹患してしまい、回復した方がいると、周囲に聞く方も少なくはないのではないでしょうか。
しかしながら、この中には陰性と診断されたにも関わらず、社会復帰が未だに叶わない方もいます。 後遺症により、発熱や咳などにとどまらず、慢性的な疲労感や倦怠感、焦燥感を患ってしまい、仕事に復帰できずにいる方もいるのです。 もしかしたらこのあたりまでの事は報道でもなされている機会があるので、ご存じの方も多いでしょう。
問題は、これらの方々への社会的なセーフティネットがまだまだ確立されていないことです。
内科などで陰性と受診されたあとでも、自宅療養が望ましいと診断され、でも内科以外の症状で心療内科にも訪れる方も少しずつ増えてきているようです。 しかしながら、時流や国の対策は感染自体の予防に目が向いている今、これらの後遺症のケアは対策や研究にまで目が向いていないのが実情のようです。
これら後遺症のある方々も、数ヵ月くらいであれば休職などで乗り越えられるのかもしれませんが、年単位で後遺症が残るようであれば、職を離れねばならない状況も予想され、早急な救済措置が必要です。
とはいえ、おそらくこれらの事象の実態解明にはまだ至っていないといってよい現状なのではないでしょうか。
恐らく、今後はこのような後遺症により就労できない方々のケースも増えてくると思います。 無論、そもそものコロナウイルスに感染しないことが一番なのでしょうが、もし感染してしまい、しかも治まっても後遺症が残ってしまったら… この研究と対策、早急にお願いしたいと思う状況なのかなと思いました。
#コロナ禍 #コロナウイルス #後遺症


【精神疾患】泣いてまで拝み倒すのは愚かな行為?

イメージ
なりふり構わず、どうしても目的を達成したいとき…誰しもがあることだと思います。しかしながら親しき仲にも礼儀あり、というように、時にはある種の迷惑を他人へ被ってしまうこともあるでしょう。 人間社会である以上、こういったジレンマは常にあるのですが、精神疾患経験者の場合、このような状況を一番恐れる場合があるのです。
例えば迷惑と思うことでも、友人などの場合には手助けをしてくれる人もいるでしょう。 精神状態が不安にある場合は、これを過剰に意識してしまい、迷惑と思わず求める場合があるのです。
また、満員電車等をイメージしてみてください。 満員電車が苦手とかパニックを起こす人というのは、距離感をうまくつかめず、ちょっとした接触でも迷惑をかけたと思い込んでしまい、時には泣き崩れてしまうこともあるのです。
では、このような方々と接する場合はどうすればよいのか… たとえ泣きつかれても冷静に接してあげることです。 泣きついているのに無理に静かにしろといなすのではなく、相手が何を不安に思っているのか…余裕があれば考えてみてください。
それはその人の尊厳やプライドなのかもしれないし、親しき人の場合には、友情を失うことを恐れているのかもしれないのです。
だから、普通のことではないと恐れることもありません。 とにかく不安でいっぱいな気持ちが、人に泣きつくような感情で出てきているだけなのです。
中には愚かな様とか、あるいは気違いのような目で見る人もいると思います。 客観的に見れば、同じ人間ではありますが、気持ちの表現が全く違うように見えてしまいますから。
でも人間の社会ではこういった事象を理解するということもできるはずです。 確かに今の世の中、世知辛いことも多いと思いますが、人を思い、理解する気持ちがあれば少しは変わるのかな…とも思います。
#不安障害 #パニック障害 #満員電車


【精神疾患】コロナ禍での精神不安状態について

以前にも私事でこの時代における、先立つものがないための不安等を書かせていただきましたが、他の方々からもかなりこのようなお話を聞きましたので、改めて書かせていただこうと思いました。
コロナ禍で仕事の減った方、失業された方…日々のニュース報道などでも目にすることがあるかと思いますが、私の肌感覚では思ったより多く、精神疾患を抱えて来ている方々も出てきている現実があると思いました。
テレワークに対応できていればいい方で、中には自宅待機で給与も十分の一ほど。 失業された方にあたっては、雇用保険の給付手続きが精一杯でこの数ヵ月は次の仕事につなげられずブランク期間が発生している方も多いようです。
しかしこれらの方々にも健康保険や国民年金の支払いはイヤが応にも発生し、不安が募っているようです。 一部の報道でこれらの納付率が改善されたとのデータもあるようですが、これには免除や納付猶予措置を活用された方も含まれているようです。
更には昨今、就職氷河期世代への支援策も取沙汰されていますが、企業側の活用はほんの一部に止まり、この世代の再就職や、重要なポストに就けないなどの問題は引き続いていると思われます。
これは話が少しそれますが、今までの企業は新卒、若手の採用にばかり力を入れ、この就職氷河期世代への成長するための育成や、成功体験をおざなりにした結果、「5080」や「6090」などの引きこもり問題を生み出した功罪の側面があったと指摘する方もいます。 ですから、特にこの世代の方々に精神疾患が広がっているようです。
話を戻しますが、コロナ禍で先頃、我々は命を守るための自粛生活と言うものを余儀なくされました。 今は経済への建て直しへとシフトしてきているものの、上記で書いてきたような、あまりにも大きな犠牲は未だに解消される兆しが見えてこないと言う声をよく耳にします。
アベノマスクと10万円の特別給付金、これだけでは全く生活の見通しがたたないと言う人もいます。 このような精神状態が続くので、本当に精神疾患になりかけている方が多くなってきています。 第2弾、第3弾と施策を確実にしていただき、雇用を守る社内を目指していただきたいと思います。
#コロナ禍 #テレワーク #失業 #就職氷河期世代

【日常】声かけ不審者事案って…

スマートフォンで地元のニュースの通知などを受けとるようにしたところ、以下のような通知が最近増えてきました。

`下校途中の女子生徒が、後ろから来たスマートフォンを持つ男に「○○駅はどちらですか」と声をかけられる事案が発生しました。犯人は、年齢○○歳位、身長○○センチ位、体格中肉、黒色短髪、白色マスク、Tシャツの男です。`

…以前から噂を聞いたり、ネットで見かけるような笑い話かと思いきや、実際にあるんですね…
何というか…道を聞くだけ、話しかけるだけで犯罪?世知辛い世の中になったものです。
中にはこれが当然と思う人もいるのでしょうか?
私が子供の頃には考えられなかったことが次々と現実や常識となってきている今の社会なのでしょうが、中にはこのように生きづらい、肩身が狭くなってきている人々も増えているのではないでしょうか。
この数十年で震災やコロナ禍などによる様々な災害を経験している私たちではありますが、自己防衛などの考え方でも意識の格差が出てきてしまっているような気がします。

#不審者#声かけ事案



【日常】焼そばに合う紅茶

イメージ
私は焼そばが好きです。かつ、紅茶も日頃からよく飲む方だと思います。
意識はしていませんでしたが、ふとしたときにこの二つの組合せで、最良なものは何なのか探してみたくなりました。
まずは焼きそばについて、カップ麺の焼そばから、袋麺や、自身で炒めるものまで、ソース・醤油・塩味と様々に試してみましたが、これはソースの濃いもので中太麺くらいのものが一番紅茶に合いました。 具体的な商品はここでは触れませんが、ソースのフレーバーがスパイシーなものよりもフルーティーなものがオススメです。
次に紅茶の方ですが、こちらもペットボトルのものから、パックのものまで試してみましたが、ピーチティーかアップルティーが合うと思いました。 個人的にはあまり甘めではないアップルティーをオススメします。 逆に香り高いダージリンティーやフラワー系の紅茶は香りが焼そばにあまり合わないと思いましたので、これらのものは別に楽しんだ方が良さそうです。
今回は需要があるのかわかりませんが、日常の何気ない1ページを切り取ってご紹介させていただきました。 是非とも試してみていただければ幸いですが、日常のつぶやき程度に思ってみていただければ幸いです。




#焼きそば #紅茶 #アップルティー #ピーチティー #ダージリンティー